快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【情報】手取り別の理想の家賃はいくら?

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200531224335p:plain

 皆さんは毎月の家賃はいくら払っていますか?

 貯金が貯まらないという方、もしかしたら収入に対する家賃の割合が高いのかもしれません。

 

 一般的に家賃の目安は手取りの1/3程度と言われています。

 今回は、余裕を持って30%でシミュレーションしてみます。

 シミュレーションを見て、高い項目がある場合はどこかの項目を節約し、場合によっては家賃を抑える必要があります。(なお、貯金は万が一のために計画的にしましょう)

 

 

手取り15万円の場合

f:id:kaiteki-heya:20200531224341p:plain
 日本女性の年収の平均値が約280万円ですので、手取りにすると約15万円となります。(ボーナス夏冬1か月分と想定)

 手取り30%とすると、家賃は4万5千円です。

 

手取り20万円の場合

f:id:kaiteki-heya:20200531224346p:plain
 日本の年収の中央値が約360万円ですので、手取りにすると約20万円となります。(ボーナス夏冬1か月分ずつと想定)

 手取り30%とすると、家賃は6万円です。

 

手取り25万円の場合

f:id:kaiteki-heya:20200531224353p:plain
 日本の年収の平均値が約420万円ですので、手取りにすると約25万円となります。(ボーナス夏冬1か月分ずつと想定)

 手取り30%とすると、家賃は7万5千円です。

 

手取り30万円の場合

f:id:kaiteki-heya:20200531224400p:plain
 東京の年収の中央値値が約570万円ですので、手取りにすると約30万円となります。(ボーナス夏冬1か月分ずつと想定)

 手取り30%とすると、家賃は9万円です。

 

まとめ

 今回は、4ケースでシミュレーションしてみました。

 趣味にお金を使いたい人や節約ができる人など個人差はあるので、参考として家賃を検討してみてください。

 自分の収入や生活にあった家賃設定して、快適な暮らしを実現させましょう!