快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【情報】錯視効果を活用しよう

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200331171115p:plain

上の4本線は全て平行ですが、ちゃんと平行に見えますか?

ほとんどの方は平行に見えないかと思います。

視覚に関する錯覚、いわゆる「錯視」という現象です。

 

錯視効果を活用すればインテリアを選ぶヒントになるかもしれません。

いくつか有名な錯視をご紹介します。

 


①幾何学的錯視

ミュラー・リヤー錯視

f:id:kaiteki-heya:20200331175941p:plain
同じ長さの線分が両端のデザインによって長さが変わって見える錯視。

上図:線分が短く見える。

下図:線分が長く見える。

 

ウェイト・マッサロ錯視

f:id:kaiteki-heya:20200331171135p:plain

同じ大きさの長方形が両端のデザインによって大きさが変わって見える錯視。

上図:長方形が横に短く見える。

下図:長方形が横に長く見える。

 

エビングハウス錯視

f:id:kaiteki-heya:20200331171401p:plain

同じ大きさの円が周りのデザインによって大きさが変わって見える錯視。

左図:中心の円が小さく見える。

右図:中心の円が大きく見える。

 

デルブーフ錯視・外円の過小視・内円の過大視

f:id:kaiteki-heya:20200331171349p:plain
同じ大きさの円が周りのデザインによって大きさが変わって見える錯視。

左図:中心の円が小さく見える。

右図:中心の円が大きく見える。

 

エーレンシュタイン錯視

f:id:kaiteki-heya:20200331174733p:plain

正方形が歪んで見える錯視。

左の辺が右の辺よりも長く見える。

 

ポッゲンドルフ錯視

f:id:kaiteki-heya:20200331171339p:plain

一直線上の斜線が歪んで見える錯視。

左の断片は下に右の断片は上にずれて見える。

 

ツェルナー錯視

f:id:kaiteki-heya:20200331171307p:plain

平行の水平線が傾いて見える錯視。

短い斜線に鈍角になる方向に傾いて見える。

 

へリング錯視

f:id:kaiteki-heya:20200331171312p:plain

平行の水平線が曲がって見える錯視。

外側にいくほど中央に曲がって見える。

 

カフェウォール錯視

f:id:kaiteki-heya:20200331181549p:plain

平行の水平線が傾いて見える錯視。

上から右左右左右左に傾いて見える。

 

②明るさの錯視

ヘルマン格子錯視

f:id:kaiteki-heya:20200331171342p:plain

黒の正方形が整列したときに生じる錯視。

白の交差点部が暗く見える。

 

③運動視の錯視

オオウチ錯視

f:id:kaiteki-heya:20200331171357p:plain

横長の市松模様の中に縦長の市松模様の円があるときに生じる錯視。

中の領域が動いて見える。

 

まとめ

今回は11種類の錯視をご紹介しました。

部屋を広く見せたり、天井を高く見せるインテリア選びにご活用下さい。