快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【情報】転居が多い人の家具の選び方

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200506113043p:plain

 引っ越し先で以前使っていた家具がレイアウトしにくいことありませんか?

 引っ越しするたびに家具を買い替えるのはお金がもったいない!

 転勤が多い方や大学生などで、引っ越す可能性が高い方は引越しに合わせた家具を選んでみてはいかがでしょう?

 

 「フレキシブル」、「大きすぎない」、「運びやすい」がポイントです。

 各家具で簡単に整理してみましたのでご覧ください。

 

 

①ベッド

  • OK:パイプ式ベッド、折り畳み式ベッド

     →運搬がラク

  • OK:ソファーベッド

     →ソファと併用が可

  • NG:ロフトベッド

     →天井の高さによっては使いずらい

www.architect-as.work

 

②ソファ

  • OK:1~2人掛けソファ

     →6畳くらいの部屋にも設置可

  • NG:2.5人掛けソファ以上、カウチソファ

     →大きすぎる

www.architect-as.work

 

③テーブル

  • OK:コンパクトでシンプルなテーブル

     →狭くても使いやすい

  • OK:折り畳み式テーブル/li>

     →運搬がラク

  • NG:収納付テーブル

     →サイズが大きい

 

④椅子

  • OK:1人ずつ座るシングルタイプ

     →どのような間取りでも使いやすい

  • NG:ベンチタイプ

     →場所を大きく取る

 

⑤収納

  • OK:衣装ケース

     →間取りによって数や配置を自由に変えられる

  • OK:カラーボックス

     →組合せ自由で買い足しも簡単

  • NG:大型のタンスやクローゼット

     →備え付けがある場合は不要になる

 

⑥カーペット

  • OK:パズル式組合せマット

     →間取りに合わせて大きさ・形の変更が可能

  • OK:小さなカーペット

     →間取りに合わせやすい

  • NG:大きなカーペット

     →間取りによって折りたたんだり家具の下敷きになる可能性がある

 

⑦カーテン

  • OK:サイズが長い場合は切らずに裾上げをする

     →切ってしまうと次に使えなくなる可能性がある

  • OK:小さい窓は突っ張り棒と布で対応

     →窓に合わせてコストを抑えて対応

  • NG:オーダーカーテン

     →引っ越し先で合わない可能性がある

 

まとめ

 各家具をこちらで記載した基準で選んでみてはいかがでしょう?

 また、物件選びの際も今持っている家具レイアウトを想像しながら見てみましょう!