快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【情報】1畳の広さは何m²なの?

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200220001855p:plain

1畳ってどれくらいの広さかわかりますか?

畳1枚分ですのでなんとなくはわかる人も多いと思います。

ここでは、具体的な数値をご紹介します。

 

不動産公正取引協議会連合会の「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」で、一畳当たりの広さは1.62m²以上とされています。

 

1畳≧1.62m²

 

 

実寸法例

以下に、1畳、4.5畳、6畳、8畳、10畳の実寸法例を示します。

f:id:kaiteki-heya:20200220144829p:plain

f:id:kaiteki-heya:20200220144833p:plainf:id:kaiteki-heya:20200220144837p:plain

f:id:kaiteki-heya:20200220144840p:plainf:id:kaiteki-heya:20200220144843p:plain

なお、上記は業界団体の表示ルールで、必ずしも1.62m²とは限りません。

 

地域による畳サイズの違い

畳については、京間・中京間・江戸間・団地間の種類があり、それぞれ次のように広さが異なります。

 

京間  :1.82m²

中京間 :1.65m²

江戸間 :1.54m²

団地間 :1.44m²

 

また、広さの単位でよく使われる「坪」は、3.31m²であり、約2畳に相当します。

 

まとめ

いづれにしても紹介した間取り図の畳数については、あくまでも参考です。

実際の広さは内見して自分の目でご確認することをおススメします。