快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【分類】シーンにあった照明選び

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200220195824p:plain

部屋の照明はどのように選んでいますか?

空間にあった照明を配置すると快適な空間が作れます。

今回は部屋別のおススメな照明をご紹介します。

 

 

①リビング

f:id:kaiteki-heya:20200311233541p:plain

メインスペースとなるリビングは、多面的なニーズに合わせる必要があります。

調光できる「シーリングファンライト」がおススメです。

作業をする場合は明るくし、くつろぐ場合は暗くすることでシーンに合わせて使えると同時に、冷暖房効果をアップさせます。

また、ゴージャスに彩るシャンデリアもおススメです。

・シーリングファンライト

www.architect-as.work

・シャンデリア

www.architect-as.work

 

②ダイニング

f:id:kaiteki-heya:20200311233546p:plain

食卓を照らすダイニングは、料理を美味しそうに演出しましょう。

温かみのある白熱電球の「ペンダントライト」がおススメです。

テーブルが大きい場合には、小さめのペンダントライトを複数並べると雰囲気が出ます。

また、街中のオシャレなカフェを参考にしたスポットライトもよいでしょう。

・ペンダントライト

www.architect-as.work

・スポットライト

www.architect-as.work

 

③ベッドルーム

f:id:kaiteki-heya:20200311233554p:plain

休息の場であるベッドルームは、くつろげる空間としましょう。

光源が目に入らない「ブラケットライト」がおススメです。

床や壁を照らすことで、落ち着いた雰囲気を演出し

就寝前に読書をする方は、サイドテーブルにテーブルライトを配置するとよいです。

・ブラケットライト

www.architect-as.work

・テーブルライト

www.architect-as.work

 

④ワンルーム

f:id:kaiteki-heya:20200311233559p:plain

ワンルームの場合は、「シーリングライト」+「間接照明」がおススメです。

部屋が広くない場合は、すっきりした圧迫感のないシーリングライトがよいでしょう。

また、就寝時に間接照明に切り替えることで部屋の雰囲気がガラリと変わります。

・シーリングライト

www.architect-as.work

・間接照明

www.architect-as.work

 

⑤メリハリのある明るさ

シーンに合わせて明るさを演出すると一気に部屋がオシャレになります。

個人的には、日本の部屋は明るすぎる印象があります。

部屋全体は必要最小限の明るさにして、仕事や勉強する場合は部屋全体を明るくするか部分照明を使い分けるとよいと思います。

 

まとめ

照明を選ぶときに配慮する主な項目は下記の通りです。

  • 明るさ
  • 快適性
  • 価格

様々な照明の特徴を知ったうえで、部屋にあった快適に生活しやすい照明を選びましょう。