快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【情報】旧耐震・新耐震って何?

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200220002413p:plain

みなさんは、旧耐震基準や新耐震基準という用語を聞いたことがありますか?

築古の部屋を借りる際はぜひ確認して下さい。

 

ご存じの通り日本は地震が多い国です。

地震に対してどのように建物が設計されているのかご紹介します。

 

 

旧耐震と新耐震の耐震基準と違い

旧耐震では、中地震(震度5程度)に対して「建物が倒壊しない」を基準としていました。

しかし、昭和53年の宮城県沖地震の被害を受け、耐震基準が見直されました。

新耐震では、大地震(震度6~7程度)に対して「建物が倒壊しない」を基準とされました。

f:id:kaiteki-heya:20200220183428p:plain

 

新耐震基準が対象の時期

昭和56年(1981年)6月1日以降に建築確認された建物が対象です。

※切り替え日が建築確認(建物を施工する前)ですので、建物の竣工(建物の引き渡し)ではありません。

建物の施工期間が数カ月~数年あるため、昭和56年~昭和58年完成の建物はどちらの基準か確認が必要です。

f:id:kaiteki-heya:20200220183434p:plain

 

新耐震基準に適合させた耐震改修

旧耐震基準で建てられた建物は、耐震診断を行い、耐震改修をしている建物もあります。

つまり、新耐震基準に適合した建物で、現行の耐震性を有しています。

しかし、耐震改修は多くの費用がかかり、義務化されていないため実施されていないことがほとんどです。

 

まとめ

近い将来、大地震(震度6~7程度)が発生する可能性が高いといわれています。

万が一のことに備えて、新耐震基準で建てられた建物に住むことをおススメします。