快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【情報】部屋の各方角のメリット・デメリット

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200221225336p:plain

部屋の方角の人気順位は、南向き→東向き→西向き→北向きのようです。

本当に南向きが良いのでしょうか?

各方角ともメリット・デメリットがあり、生活スタイルによって変わります。

 

 

①南向き

日が当たる時間が多いため、日中に部屋で過ごすことが多い方におススメ。

メリット:日照時間が長く部屋が明るい。冬は室温が下がりにくい。洗濯物が乾きやすい。

デメリット:夏は室温が上がりやすい。壁紙や家具が日焼けしやすい。家賃が高い傾向がある。

 

②東向き

午前中に日が当たるため、朝型の方におススメ。

メリット:朝日が差し込む。夏の午後は室温が上がりにくい。

デメリット:午後は暗くなりがち。洗濯物は朝から干す必要がある。家賃が比較的高い傾向がある。

 

③西向き

午後に日が当たるため、夜型の方におススメ。

メリット:午後は洗濯物が乾きやすい。冬の午後は室内が暖まりやすい。

デメリット:午前は暗くなりがち。夏の午後は室温が上がりやすい。壁や家具が日焼けしやすい。

西日が当たるため、夏の夜は部屋の温度が高くなり寝苦しくなりがちです。

 

④北向き

日当たりは期待できないので、日中外出している方におススメ。

メリット:部屋に入る光が柔らかい。テレビ画面に光が反射しにくい。家賃が安い傾向がある。

デメリット:一日中日当たりが悪い。室温が下がりやすい。外気との寒暖差で結露が発生しやすい。

 

日当たり対策

窓ガラス:low-eガラスにする。UVフィルムを張る。

カーテン:レースを取り付ける。遮光性カーテンや遮熱性カーテンにする。

 

まとめ

各方角のメリット・デメリットを表にまとめました。

f:id:kaiteki-heya:20200301124706p:plain

ちなみに私の部屋は北向きですが、下記の条件のため比較的快適に過ごせています。

  • 部屋と同じ高さに建物がないため遮るものがなく比較的明るい。
  • low-eガラスのため断熱性高く室温が下がりにくく結露しにくい。

その他にも北向きの場合は、外の景色は日が当たった面が見えるのでキレイに見えます。

 

各方角のメリット・デメリットを理解した上で、自分の生活スタイルと照らし合わせてお部屋の検討をして下さい。