快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【情報】賃貸借契約書と重要事項説明書って何?

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200220002557p:plain

賃貸借契約書や重要事項説明書についてご存じですか?

部屋を借りたことがある方は基本的に説明されていると思います。

それぞれの違いや確認ポイントをご説明します。

 

 

なお、賃貸借契約の流れは下記の通りです。

f:id:kaiteki-heya:20200220151043p:plain

 

重要事項説明書

物件のルールや設備などを記載した取扱説明書のような書類。

不動産会社が賃貸借契約の前に説明する際に使用します。

確認のポイントは下記の通りです。

  • 大家さんの情報:トラブルがあった際の連絡先
  • 室内設備:故障した際に大家さんの負担対象となる設備

※重要事項説明書に記載のない設備が故障した場合は自己負担になります。

十分チェックし不明なことがあれば確認して下さい。

 

賃貸借契約書

賃貸条件に関する詳細な事項が記載されている書類。

確認のポイントは下記の通りです。

  • 物件情報:不動産会社が他の物件と取り間違えてないか確認。また、引越しの際に物件名や住所が必要となりますので、携帯電話等に登録することをおススメします。
  • 家賃・管理費:金額が間違っていないか確認しましょう。また、家賃交渉をした場合は、その金額が反映されているかチェックして下さい。
  • 家賃の支払い方法:銀行振込、口座引き落とし、大家さんに手渡しなどの支払い方法を確認ください。
  • 退去予告期間:退去する際のトラブルになりやすいので確認して下さい。退去1カ月前通知が比較的多いようですが、物件によっては2カ月前の場合があります。

 

それぞれの書類の違いについて

重要事項説明書は、賃貸借契約を安心してできるように、事前に物件に関する重要な事項を説明するための不動産会社が発行する書類です。

一方、賃貸借契約書は、契約内容の諸条件を記載した大家さんが発行する書類です。(不動産会社が仲介する場合は不動産会社が説明することが多いです。)

 

まとめ

普段見慣れない書類ですので、あまり細かく確認せず記名・押印してしまいがちです。

しかし、契約後にトラブルが起きないようにじっくりと確認して契約して下さい。