快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【旅行】ヴェローナ体験記

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200502080202p:plain

 大学生時代の建築旅行体験記です。

 2009年2月~3月の約1カ月間で周遊したヨーロッパの歴史的建築・街並みの記録で、今でも色あせない風景です。

 

 今回は、第16回ヴェローナです。

 ミラノから電車で1時間半ほどで到着しました。

 

 

ヴェローナ

  • イタリア北東部ヴェネト州西部の都市
  • アディジェ川沿いに位置
  • 交通の要衝として紀元前から発展
  • 中世の町並みにローマ遺跡が残り、ヴェローナ円形闘技場が代表格
  • シェイクスピアの戯曲「ヴェローナの二紳士」「ロミオとジュリエット」の舞台

 

①アレーナ・ディ・ヴェローナ

  • 古代ローマ時代の円形闘技場
  • 長径139m、短径110mの楕円形の形状
  • 夏期は屋外オペラ公演で有名

f:id:kaiteki-heya:20200502080207j:plain

 約2,000年の時を経ても当時のままの姿を保っている円形競技場。外観は煉瓦とヴェローナ産の赤い切石の美しい二層構造。内部は44段の大理石製の段上の観客席が広がり開放的な雰囲気。夏は野外オペラが開催されるようで気持ちよさそう。

 

②エルベ広場

  • 古代ローマ時代に造られた公共広場フォルムを起源とする広場
  • 「ヴェローナのマドンナ」と呼ばれる噴水が有名
  • 広場北西には高さ84mのランベルティの塔

f:id:kaiteki-heya:20200502080214j:plain

 昔は野菜とハーブが売られていた広場だそう。ちなみに、「エルベ」という言葉はハーブを意味しているようです。広場中央のマドンナの噴水で、疲れが癒されました。広場にはテントの屋台がたくさん並んでおり活気に満ち溢れていました。

 

③カステルヴェッキオ城とスカリジェロ橋

  • 14世紀ごろスカラ家により建設
  • アディジェ川に架かる
  • 第二次世界大戦に破壊されるも戦後に再建

f:id:kaiteki-heya:20200502080220j:plain

 日が暮れる前に急いで移動。夕暮れ時の美しいカステルヴェッキオ城とスカリジェロ橋が。赤レンガ造りの城と三重橋が中世の雰囲気を漂わせます。スカリジェロ橋はアシンメトリーなアーチで左岸に対して下り坂になっており、カステルヴェッキオ城と一体となった建造物であることが感じられました。

 

旅のおススメ

f:id:kaiteki-heya:20200502080227j:plain

 ヴェローナはシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台であり、写真はジュリエットの家です。写真右は有名なワンシーンのバルコニー。しかし、このバルコニーは観光客の要望で後から設置されたのだとか。さらに、シェイクスピアはヴェローナに訪れたことさえないらしい...いずれにしても、名作であることに変わりないこの悲恋の物語作品、是非ご覧ください。

書籍:シェイクスピア全集(2) ロミオとジュリエット (ちくま文庫) [ ウィリアム・シェイクスピア ]

DVD:ロミオとジュリエット【Blu-ray】 [ オリビア・ハッセー ]

 

 次回は、ベネチアをご紹介します。

 

 今すぐ旅行を検討している方は下記をクリック🖱