快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【旅行】パリ②体験記

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200429171102p:plain

 大学生時代の建築旅行体験記です。

 2009年2月~3月の約1カ月間で周遊したヨーロッパの歴史的建築・街並みの記録で、今でも色あせない風景です。

 

 今回は、第12回パリ②です。

 今回は、「芸術の街」のパリにある美術館です。

 

 

パリ

  • フランスの首都
  • 市内をセーヌ川が横断
  • 世界屈指の観光都市
  • 芸術の世界的な中心地として「芸術の都」と呼ばれる
  • お洒落の街で有名ブランドの本店が建ち並ぶ

 

①ルーヴル美術館

  • 世界最大級の美術館
  • セーヌ川の右岸に位置
  • 1793年に王室所有で美術館として開館

f:id:kaiteki-heya:20200429171513j:plain

世界一有名であろうルーブル美術館。一日で回り切れないことも有名ですが、モナリザ、サモトラケのニケ、ミロのヴィーナス、民衆を導く自由の女神、レースを編む女など有名な作品をひたすら急いで観ました。レオナルド・ダ・ヴィンチ・のモナ・リザは思っていたより小さかった。

 

②オルセー美術館

  • 元々はオルセー駅の鉄道駅兼ホテル
  • オルセー駅の設計者はヴィクトール・ラルー
  • 女性建築家ガエ・アウレンティの改修により1986年にオルセー美術館が開館

f:id:kaiteki-heya:20200429171613j:plain
 コンバージョン(建物用途変更)事例の代表。駅を美術館に生まれ変わらせたこの建物は、入館した瞬間は美術館とは思えない雰囲気。ここでは、落ち穂拾い、ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットの舞踏会、日傘の女を鑑賞。

 

③ポンピドゥーセンター

  • サン=メリ地区にある総合文化施設
  • 近現代芸術の拠点
  • レゾン・ピアノ、リチャード・ロジャースの設計

f:id:kaiteki-heya:20200429171621j:plain

むき出しの設備配管や奇抜なデザインを見ると、建物全体が現代アートの作品。パリの街中で異彩を放っています。ゴチャゴチャしたファサードとは異なり、内部はすっきりとした鑑賞空間が広がります。しかし、現代芸術は理解するのが難しい...

 

旅のおススメ

 ルーブル美術館に展示されている世界的に有名なレオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザ。そのモナ・リザが登場する「ダ・ヴィンチ・コード」。まだ本で読んだり、映画を見ていない方、是非ご覧ください。

書籍:【中古】ダ・ヴィンチ・コード 上/ ダン・ブラウン

DVD:ダ・ヴィンチ・コード

 

 次回も、パリをご紹介します。

www.architect-as.work

 

 今すぐ旅行を検討している方は下記をクリック🖱