快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【情報】食事を色彩効果で美味しく食べよう

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200505212312p:plain

 よりおいしく食事を食べましょう!

 料理に自信がない方、テーブルクロスや皿を変えるだけで美味しく見えます。

 ※料理の味はかわりません(笑)あくまでも見え方です。

 食欲が増す色、食欲が減る色(=食欲を抑えられる色)をご紹介します。

 

 

①色の効果

f:id:kaiteki-heya:20200505212320p:plain

 同じ料理でも、テーブルクロスや皿の色によって印象が変わります。

 食欲と色彩の関わりには関係があるといわれています。

 食用が増す順番は下記の通りです。

  赤>橙>黄>青>紫>黄緑

 赤や橙は食欲がそそられ、黄緑や紫は食欲が抑えられます。

 来客の際は、赤いテーブルクロスを敷くと料理の腕前がワンランク上がります。

 また、ダイエットなどで食欲をなくしたい時は、黄緑のテーブルクロスを敷くとよいでしょう。(注意:言い方を変えれば料理がまずく見えてしまいます。)

 

②照明の効果

f:id:kaiteki-heya:20200505212330p:plain

 照明も白熱灯と蛍光灯で料理のイメージがかわります。

 白熱灯は、赤い色をきれいに見せ、印影がはっきりするので立体感が出て、料理をより一層美味しそうにみせます。

 蛍光灯は、全体的に青白く、のっぺりした感じになり、あまり食べ物が美味しそうに見えません。

 LEDは、白熱灯と蛍光灯の中間ぐらいの感じです。

 

③運動の効果

f:id:kaiteki-heya:20200505212336p:plain

 食事とは関係ありませんが、運動する時にも色が関係します。

 赤系の色は、代謝をアップさせる作用があるため、脂肪を燃焼しやすくする効果があります。また、精神的もやる気をアップさせます。

 青系の色は、落ち着いた印象があるため、クールダウンで効果が高まります。

 

まとめ

 食事や運動にも色彩に気を配ることで、効果を高めることが出来ます。

 色をうまく使って快適な生活を送りましょう。