快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【旅行】バルセロナ②体験記

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200426233956p:plain
 大学生時代の建築旅行体験記です。

 2009年2月~3月の約1カ月間で周遊したヨーロッパの歴史的建築・街並みの記録で、今でも色あせない風景です。

 

 今回は、第8回バルセロナ②です。

 前回に引き続きアントニ・ガウディとライバルのリュイス・ドメネク・イ・ムンタネーのご紹介です。
 

 

バルセロナ

  • スペイン第二の都市
  • 政治・文化・学術面で大きな影響を持つ国際的な観光都市
  • 地中海のイベリア半島北東岸に位置
  • 本拠地を置くFCバルセロナは世界的サッカークラブの一つ
  • 建築家アントニ・ガウディのが残した建築物が多い

 

①グエル公園

  • バルセロナの街が一望できる公園
  • アントニ・ガウディの作品群の一つ
  • 施主のエウゼビ・グエイ伯爵とアントニ・ガウディが作り上げる

f:id:kaiteki-heya:20200426161425j:plain

 入り口にはカラフルなトカゲの噴水お出迎えしてくれます。広大な公園には、石を敷き詰めて作り上げた回廊やモザイク柄の装飾がある天井や壁に職人技が感じられます。ただ、自然との調和を目指して新しい住宅地を作ろうとするも、工業化が進む当時の人々に理解されず公園のみが残ったのが残念です。

 

②コロニア・グエル教会堂

  • バルセロナ郊外に建てられた教会
  • アントニ・ガウディの作品群の一つ
  • コロニア・グエルとは、繊維工場を中心とした工業団地

f:id:kaiteki-heya:20200426161430j:plain

 この教会を観るためにバルセロナ郊外から移動し、半日を使いましたがそれ以上の価値のある建築物でした。木に囲まれて建つこの教会は、重厚な玄武岩の石造りで自然と見事に一体化しています。地下聖堂は完成しているが上部の聖堂は未完成ままのようです。完成していないことが我々の想像を掻き立てて魅力的なのかもしれません。

 

③サン・パウ病院

  • モダニズムの豪華な病院
  • リュイス・ドメネク・イ・ムンタネーの設計
  • 1902年に建築が始まり、2009年まで診療が行われていた

f:id:kaiteki-heya:20200426215640j:plain

 老朽化で閉鎖されていますが、外観はそれを感じさせない立派な佇まい。シンメトリーの形状・配置、陶器タイルの装飾、赤レンガの建物を観ると「世界でもっとも美しい病院」といわれるのも納得です。

 

旅のおススメ

 前回と今回でアントニ・ガウディの作品を5つほどご紹介しました。ですが、まだまだ、魅力的な建物がたくさんあります。本物を観て体験するのがベストですが、まずはガウディの作品集をご覧ください。

ガウディ完全ガイド [ オーローラ・クイート ]

 

 次回も、バルセロナをご紹介します。

www.architect-as.work

 

 今すぐ旅行を検討している方は下記をクリック🖱