快適部屋のレシピ

一級建築士×インテリアコーディネーター×宅地建物取引士が綴る、建物・家具レイアウト・引越に関するブログ

【旅行】アムステルダム体験記

この記事をシェアする

f:id:kaiteki-heya:20200419104423p:plain

 大学生時代の建築旅行体験記です。

 2009年2月~3月の約1カ月間で周遊したヨーロッパの歴史的建築・街並みの記録で、今でも色あせない風景です。

 

 今回は、第1回アムステルダムです。

 日本を出発し、建築旅行出発の都市です。

 

 

アムステルダム

  • オランダ最大の都市で首都
  • オランダ西部のアイセル湖の湾奥に位置する。
  • 商業や観光が盛んなヨーロッパ屈指の世界都市
  • 16世紀から海運貿易の港町として発展
  • 運河、自転車、飾り窓、アンネ・フランクの家などが有名

 

①アムステルダム中央駅

  • P.J.H.カイペルスとA.L.ファン・ゲントの設計
  • オランダ内で著名建築家が設計した最初の駅
  • シンメトリーの外観

f:id:kaiteki-heya:20200419104428j:plain

 初のヨーロッパ、圧倒的存在感のある建築物でした。ネオゴシック建築でこれぞヨーロッパという感じ。東京駅のモデルにもなっているそうです。(諸説あり)あとは、夜に到着したので薄暗いなと感じました。旅行を通して分かったのですが、夜の日本の明るさが異常なんですね。

 

②マヘレの跳ね橋

  • アムステル川に架かる跳ね橋
  • 1671年に造られ、1934年に架け替えられる。
  • 夜は幻想的なライトアップがされる。

f:id:kaiteki-heya:20200419104436j:plain

 アムステルダムの運河を歩いていると見えてくる、たくさんある他の橋とは違う存在感を放つ橋です。地元の人々は普通に通って使われています。街の景観に溶け込み歴史の重さを感じました。

 

③MSPホーランド

  • 停泊する船を利用した宿泊施設
  • 各客室には二段ベッドとシャワールームを装備
  • アムステルダム中心部で観光に抜群の立地

f:id:kaiteki-heya:20200419104440j:plain

 アムステルダムで宿泊したホテル?です。港町ならではの宿泊施設ですね。朝起きたら窓からは港の美しい景色が広がります。部屋は狭いですが最低限の設備があるので、寝るだけであるなら十分です。

 

旅のおススメ

f:id:kaiteki-heya:20200419104444j:plain

 オランダといえば...ハイネケン!という方もいると思います。私も旅行1日目の夜はハイネケンで身体の疲れを癒しました。まずは、ビールを飲んでオランダ体験をしたい方、こちらをご検討ください(笑)

【最安値に挑戦】キリン ハイネケン 350ml×24本【2ケースまで同封可能です】

 

 次回は、デンハーグをご紹介します。

www.architect-as.work

 

 今すぐ旅行を検討している方は下記をクリック🖱